So-net無料ブログ作成
検索選択

2017/4/30-5/3 鏡平 [山旅]

数年前に敗退した笠ヶ岳を踏んで、双六から三俣山荘まで足を延ばして、鷲羽の写真を撮る計画だったのだが、、、

P4300044.jpg

2年前に抜けた大ノマ乗越(正面の弓折岳の左側)からアプローチするつもりだった。
が、大きな雪庇が残り、小規模な雪崩の跡もある。しかも、山の裏側からは落雷のような雪崩の音が!
ここに踏み込んではいけない。弓折岳の右側(手前右、黒い木々の山の裏側)へと進み、鏡平へ。

P5020153.jpg

少し高いところから見下ろした鏡平。本当に美しいところだ。目の前に穂高と乗鞍。

P4300062.jpg

そして槍!
テントは我々以外に1張りだけ。(明日の天気予報が悪いからね)

P5010087.jpg

西鎌尾根の連なりも美しい。

P4300056.jpg

後にそそり立つのが大ノマ岳。
笠を踏むのであれば、明日はここまでテン場を上げたい。

P5010071.jpg

しかし、翌日は朝から雨、やがて雪に。停滞を決め込む。この時点で笠ヶ岳はなくなった。
狭いテントの中で修行のような一日。文庫本を持ってくるべきだった。
午後4時、ようやく雪も止み、谷から上へ上へとガスが流れはじめた。

P5010089.jpg

おっ、槍も顔を出すかも!

P5010097.jpg

出た!! やはり槍はかっこいいな。

P5010117.jpg

次は穂高だ。見えるかな?

P5010125.jpg

きたきた! 西穂から奥穂。

P5010126.jpg

さらに北穂まで。
刻一刻と移ろい行く壮観な眺めを堪能した。
荒天を我慢したご褒美だったのかもしれない。

しかし、山は甘くはない。日が沈むと今度は暴風!
これぞ地吹雪という有様で、積もった雪の粒がテントを叩きつける。

P5020146.jpg

翌朝6時、ようやく風が弱まった。
ブロック積みして夜間に雪かきしたのに、こんなに埋まってしまった。もう外に出るのも大変。
シングルウォールはこんなとき不便だな。

P5020150.jpg

しかし、地吹雪のおかげでトレースも消え、さらにキレイな雪景色に変わっていた。
今日は双六までピストン。

P5020175.jpg

弓折岳から見た槍ヶ岳。

P5020169.jpg

逆光で色ノリが悪いので、彩度を落としてモノクロ風に。

P5020195.jpg

尾根歩きは気分がアガる!
先には鷲羽、さらに奥には水晶

P5020217.jpg

日があがるにつれ雪が緩む。吹きだまりで踏み抜くと股まで沈む。

P5020209.jpg

双六の冬期小屋から笠ヶ岳を眺める。
今の我々には、残雪の状況、天候、体調、その全てが揃わないと登れない山なのだろう。
登れそうで登れない山。そんな山をいくつか持っていていれば、まだまだ山を楽しめるもんね。
コメント(2)