So-net無料ブログ作成

2017/4/30-5/3 鏡平 [山旅]

数年前に敗退した笠ヶ岳を踏んで、双六から三俣山荘まで足を延ばして、鷲羽の写真を撮る計画だったのだが、、、

P4300044.jpg

2年前に抜けた大ノマ乗越(正面の弓折岳の左側)からアプローチするつもりだった。
が、大きな雪庇が残り、小規模な雪崩の跡もある。しかも、山の裏側からは落雷のような雪崩の音が!
ここに踏み込んではいけない。弓折岳の右側(手前右、黒い木々の山の裏側)へと進み、鏡平へ。

P5020153.jpg

少し高いところから見下ろした鏡平。本当に美しいところだ。目の前に穂高と乗鞍。

P4300062.jpg

そして槍!
テントは我々以外に1張りだけ。(明日の天気予報が悪いからね)

P5010087.jpg

西鎌尾根の連なりも美しい。

P4300056.jpg

後にそそり立つのが大ノマ岳。
笠を踏むのであれば、明日はここまでテン場を上げたい。

P5010071.jpg

しかし、翌日は朝から雨、やがて雪に。停滞を決め込む。この時点で笠ヶ岳はなくなった。
狭いテントの中で修行のような一日。文庫本を持ってくるべきだった。
午後4時、ようやく雪も止み、谷から上へ上へとガスが流れはじめた。

P5010089.jpg

おっ、槍も顔を出すかも!

P5010097.jpg

出た!! やはり槍はかっこいいな。

P5010117.jpg

次は穂高だ。見えるかな?

P5010125.jpg

きたきた! 西穂から奥穂。

P5010126.jpg

さらに北穂まで。
刻一刻と移ろい行く壮観な眺めを堪能した。
荒天を我慢したご褒美だったのかもしれない。

しかし、山は甘くはない。日が沈むと今度は暴風!
これぞ地吹雪という有様で、積もった雪の粒がテントを叩きつける。

P5020146.jpg

翌朝6時、ようやく風が弱まった。
ブロック積みして夜間に雪かきしたのに、こんなに埋まってしまった。もう外に出るのも大変。
シングルウォールはこんなとき不便だな。

P5020150.jpg

しかし、地吹雪のおかげでトレースも消え、さらにキレイな雪景色に変わっていた。
今日は双六までピストン。

P5020175.jpg

弓折岳から見た槍ヶ岳。

P5020169.jpg

逆光で色ノリが悪いので、彩度を落としてモノクロ風に。

P5020195.jpg

尾根歩きは気分がアガる!
先には鷲羽、さらに奥には水晶。

P5020217.jpg

日があがるにつれ雪が緩む。吹きだまりで踏み抜くと股まで沈む。

P5020209.jpg

双六の冬期小屋から笠ヶ岳を眺める。
今の我々には、残雪の状況、天候、体調、その全てが揃わないと登れない山なのだろう。
登れそうで登れない山。そんな山をいくつか持っていていれば、まだまだ山を楽しめるもんね。
コメント(2) 

2015/9/29-30 涸沢 [山旅]

紅葉の涸沢へ

前夜は上高地からヘッデンで横尾着、幕営

P9300003_800.jpg

翌朝、歩き初めて30分でモルゲンロートと月の入り
これだけ真っ赤に染まった朝焼けは久々に見たなー

P9300032_800.jpg

涸沢ヒュッテから見たカール
白と黒の岩山と紅葉の織りなす景観は、何度見ても感動する

P9300063_800.jpg

ナナカマドの赤が鮮烈だ!

P9300068_800.jpg

次は北穂や涸沢岳から見下ろしてみたいな

P9300074_800.jpg

この谷間を歩いて登ってくるのだ
上に行くほど、岩山の隆起は荒々しく、木々は鮮やかに色づいている

P9300082_800.jpg

垂直の壁と灌木の紅葉
アルプスならではの景観だね
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015/5/3-6 弓折岳 [山旅]

GWはソロで静かな山へ

P5030002_800.jpg

新穂高温泉から90分ほど歩き、アイゼンを装着して谷筋へと踏み込む
雪は例年と比べて少なく雪庇も落ちているようなので、大ノマ乗越(写真左のコル)から稜線に乗って、右のピーク(弓折岳2592m)へ登るルートをとった

10時を過ぎると太陽が容赦なく照りつけ、雪は緩み、足が流れたり沈んだりで、ペースもガタ落ち
最後の傾斜も見た目以上にキツく、息も絶え絶えで、なんとか大ノマ乗越へ

P5050116_800.jpg

この稜線は2年前に鏡平から笠ヶ岳を目指したときに歩いたルート
大ノマ岳から先はまだ雪庇が残っているね

P5050115_800.jpg

頼れる相棒MHWの"バンカー1"
近くに小屋がなくとも、コイツに潜り込めば安心なのだ
倒壊の心配なく山頂に張ることができる、数少ないテントのひとつ

設営を始めたとき槍穂はすでに雲の中、、、笠ヶ岳方面だけは晴れていたが、設営が終わってテントの中で装備をひろげているうちにガスに包まれた

2日目の天気予報は下り坂、、、朝のうちに双六の冬期避難小屋へ移動する計画だったが、深夜から降り始めてしまった

雨の中の撤収・移動が嫌になり、2日目は停滞を決め込む
午後は風も強まり、テントは暴れ、雨が激しく叩きつける、、、やがて、雨はみぞれに変わり、テントも内部の湿ったモノも、バリバリに凍っていく (気温は-5度まで下がった)

P5050035_800.jpg

3日目の早朝3時、みぞれ混じりの雨が止んだので外へ出てみると、満月に暈がかかって幻想的な光景

P5050020_800.jpg

月照に浮かぶ槍も神秘的な美しさ
写真をとっている間にテントのジッパーが凍って中に入れなくなり、ちょー焦ったけど

P5050058_800.jpg

3日目、計画では下山日だったけど、テントや装備が凍って融けるまで収納できない
が、融ける頃には足元も緩んでズボズボになっちゃうだろう、、、つーことで、もう一泊することに決定!
この日は双六岳と樅沢岳をピストンでやることにした
写真は数年前に改修した双六の冬期避難小屋、前日は12人も入っていたみたい

P5050063_800.jpg

登ったことのある双六岳を後回しにして樅沢岳にとりつく
ここまで来ると、抜戸岳の後にある笠ヶ岳が顔を出すんだねー

P5050073_800.jpg

樅沢岳2755mから見た西鎌尾根と槍ヶ岳
雪が少なくて迫力不足だな、、、

気温が上がりすぎて稜線のラインがボケてきたので、双六は登らずテントに戻る

P5050131_800.jpg

山に入って朝焼け夕焼けともに不発だったけど、この日の夕景は素晴らしかった
刻一刻と移りゆく色合いを楽しんだ

P5050148_800.jpg

黒部五郎岳と夕焼け

P5050125_800.jpg

穂高岳も染まる
弓折岳は峪を挟んで槍・穂高連峰、その左手には鷲羽と双六、後側に黒部五郎と遠方に白山、右手には笠ヶ岳に続く稜線と抜戸岳、奥には乗鞍と御嶽、これら名峰に囲まれ素晴らしい眺望だ
この山頂を3日間独り占め、最高の山旅となった

P5050154_800.jpg

夕焼けのあとは満天の星空に期待したんだけど、19時には満月が昇ってきちゃった
来年は月齢が若いときに来てみたいなー

P5060180_800.jpg

4日目、槍ヶ岳と日の出

P5060205_800jpg.jpg

眼下の鏡平にも光が射す、俯瞰すると、美しい場所だということがよくわかるね

P5060213_800.jpg

6時には荷をまとめ、カリカリのうちに急斜面を下降した
あとは穂高連峰を眺めながら、のんびり下るだけ
雪山もこれにて終了、次は沢旅だ!!
コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2015/3/21-22 唐松岳 [山旅]

八方尾根から唐松岳へ

P32100072.jpg

左から不帰Ⅲ峰、不帰Ⅱ峰、不帰Ⅰ峰、天狗の大下り、その先に連なる白馬三山は気温が上がりすぎて霞んでいた

P3210018.jpg

稜線の風は強い、風裏の斜面を掘って設営

P3220071.jpg

眼前の五竜岳の豪壮な眺めが素晴らしい!

P32200622.jpg

テン場の眺望は最高だけど、夜のトイレとか大変、、、転んだら谷底まで一直線!!

P3210020.jpg

夕照、この後、太陽は雲の中に沈んだようで、山も空も焼けなかった

P3220051.jpg

翌朝の太陽もガスに包まれ、この高さでようやく顔を出した、んで、朝焼けもまったくの不発

P3220082.jpg

唐松岳山頂では白馬も剱も霞んでいたが、ここから見た五竜岳は重量感が増して格好いいね!
来年は厳冬期に縦走してみたいな
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2014/12/30-2015/1/2 南アルプス [山旅]

年末の天気予報がよろしくないので、北アを諦めて南アのマイナールートへ
誰もいない山頂で、初日の出&赤富士を拝む山旅を計画した

PC3100422.jpg

大晦日にテン場から見た富士山
螺旋に巻いた雲が笠雲へ伸びてカッコイイ画なんだけど、色乗りが悪かったのでモノクロで

PC300001.jpg

アプローチは沢沿いのトレイル
予想していたより雪がついていたし、カチンコチンに凍ってるところで徒渉も、、、

P1010082.jpg

高度感のあるトラバースも多く、気の抜けない歩きが続く

PC310016.jpg

やがて沢から離れて山道に取り付くが、トレースもなければテープもまったくないので、ルートファインディングしながら先へ進む
中腹からはツボ足となりスノーシューを装着するものの、地形とGPSを読みながらの歩きはスピードが上がらない

PB020014.jpg

カラマツの森と青い空が眩しい

PC310018.jpg

木々の影が長く伸びて美しい景色、稜線はすぐそこだ!

PC310022.jpg

最後の数メートルがキツイ、もう足が上がらないっス!

PC310023.jpg

ちょこっと下がった風裏で設営
このあとは雪がしんしんと降り積もり、翌朝までに30センチ以上の積雪となった

P1010056.jpg

元旦、初日の出、雲海は広がらず富士山も薄雲がかかって焼けなかった、、、

P1010068.jpg

急いで裏側の赤石山脈へとカメラを向けたが、こちらはガスッて千枚岳のアタマは霞み、赤石は雲の中
しかも赤くならないし、、、

P1010064.jpg

足元のシュカブラが焼けた瞬間が一番美しい景色だったかも
この色に染まるのは、ほんの一瞬だけなんだよね

P1010076.jpg

計画ではこの先の山まで縦走するつもりだったが、吹きだまりでは腰までハマるラッセル地獄
ふたたび雪も降り始め、2人のパーティーでは困難と判断して引き返すことにした

P1010078.jpg

登りで刻んだトレースも消え、下山もルートを探しながら、、、これはこれで面白かったけどね
稜線では天気が悪く、樹林帯の中では快晴、という旅だったなー
静かな雪山を満喫しながら新年を迎えました
コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2014/11/23 木曽駒ヶ岳 [山旅]

雪山シーズン到来!
脚慣らしに木曽駒ヶ岳へ

PB230073_800.jpg

千畳敷カール
ド快晴!雪も少なっ!!積雪5センチ
左の尖った宝剣岳は、あとでやっつけるのだ

PB230011_800.jpg

始発のバス&ロープウェイに乗る人たちはみな山屋さん
今日のコンディションだったら軽アイゼンで楽勝、物足りないよー

PB230028_800.jpg

ピッケルを突くこともなく、あっというまに木曽駒ヶ岳(2956m)へ
左が宝剣岳、右が空木岳、奥の山なみは南アルプス

PB230029_800.jpg

富士山、右の尖った山は8月に登った塩見岳
あのときは一目たりとも富士山を拝むことができなかったな、、、

P8290164_800.jpg

宝剣は千畳敷の裏側から見ても切り立ってるね
登るのはいいけど、下降が緊張しそう

PB230064_800.jpg

いやっほー♪
岩峰の頂は気分がアガるよねー

PB230058_800.jpg

宝剣から空木までの稜線
駒から見たときより断然迫力を感じる
山は立ち位置で美しさや重量感が変わって見えるから、歩いてて楽しいんだよね
コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2014/11/2-3 丹沢 [山旅]

2ヶ月ぶりの完全オフ、無性に焚き火がしたくなって紅葉の低山へ

PB030054.jpg

"宙玉レンズ" なるものを作ってみた
丹沢の落ち葉で試し撮り、工夫次第で面白い写真が撮れるかな?
(今回のカメラはOLYMPUS PEN mini E-PM2 )

三連休の中日で高速は朝から渋滞
ゆっくり出発して国道を走りながら食材の調達 
前から気になっていたデリカテッセンで白ソーセージとスペアリブを購入 
秦野の"じばさんず"では生野菜と赤キーウイ"丹沢レッド" などのフルーツを買って丹沢方面へ車を走らせる

PB020003.jpg

近くに登山道もない小さな沢筋へ向かった
林道のゲートから40分ほど歩くと下降できそうな傾斜があるので、そこから沢床へ 
伏流して流れは細いが、このあたりは渓畔が自然林で、対岸の上がフラットなんですわ

PB030036.jpg

ふかふかの落ち葉の上に設営
沢に石組をして地場産のトマトやキュウリ、フルーツを浮かべ、薪をひろう

PB030040.jpg

今朝まで降った雨で薪が湿っていたので、8寸の剣鉈で割ってくべた
道具は使ってナンボ、大振りでちょっと重いけど、がしがし使い込まないとな

PB030043.jpg

今までいろんな道具を使ってきたが、最後は無骨なギアに戻っちゃったなー 
メスティン、ロッキーカップ、グランテトラ

PB020014.jpg

"焚き火"
渓で遊ぶ者にとって最上の癒しだよね

PB020030.jpg

沢音と焚き火のはぜる音を聞きながらスペアリブとソーセージにかぶりつく
マスタードを忘れたのは痛かったが、生野菜に救われた
新鮮なキュウリやトマトは塩だけで十分に美味い!
食後はフレンチローストのビターなコーヒーを飲みながら、ただただ焚き火を愉しんだ

PB030048.jpg

翌朝は快晴、南アでは毎晩降られたので、久々にドライなテン泊だったなー

対岸の斜面の上は色づいていた
これだけ広葉樹があればさぞかしキノコも、、、と思って2時間ほどキノコ狩りをしたがさっぱり 
次はナメコ、ヒラタケ狙いで遠征だ!
コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

2014/8/27-30 南アルプス 4日目 [山旅]

夜はかなり雨が降ったが、冷え込みは甘く、朝まで熟睡

P8290150.jpg

テントのジッパーを開けて外に出ると、チングルマの綿毛が朝露で輝いていた

P8290146.jpg

南アルプスの山々や富士山の見晴らしのよい場所でビバークしたのに、、、今朝もガスの中
ま、仕方ないので、朝食をとってそそくさと下山の準備

P8290151.jpg

登山道はズルズル、こんなときはピンソール最強!

P8290166.jpg

あいにくの天気で眺望は得られなかったが、森は霧雨でツヤツヤ、芳香も立ちのぼって、気持ち良く歩けた

P8290164.jpg

3時間ほど歩くと、霧の中にコメツガと苔の美しい森が現れた
今回の旅で一番美しい光景だったと思う
もし再訪する機会があれば、この森の中で泊まってみたいなー

P8290170.jpg

行動開始から6時間
急坂をつづらに下りていくと去年遊んだ沢に降り立った
沢の水で顔の火照りを素早く冷まし、今度はゆっくりと両手に水をすくって沢との再会を歓び、去年の思い出に浸った

P8290174.jpg

バスの時間まで、取水堰のバックウォーターに映り込む緑を眺めながら昼食をつくった
ドライフーズのパスタだったけど、旅を終えた達成感でとてもおいしく感じられた
単独行もいいもんだな、、、
コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

2014/8/27-30 南アルプス 3日目 [山旅]

朝の天気予報が来週まで晴れないことを告げていた
そして、この冷え込み、、、稜線で冷たい雨と風に叩かれると低体温症が怖い
天候が悪化した場合は無理に歩くつもりはないので、1泊増えた場合も想定して4リットルの水をとった

今日は2800m上でビバークするので、深夜から朝にかけては寒くて寝れないだろう
設営したら夕食は後にして、暖かいうちにできるだけ睡眠をとるつもりだ

P8280101.jpg

連日雨がパラつき気温もグッと下がったので、森はキノコの幼菌がにょきにょき
馴染んだナラ・ブナ林ではなく、シラビソ・コメツガの林なので、見慣れないキノコも多い
じっくり固定しながら歩いたら楽しいんだけど、今日はロングトレイルなので先を急ぐ

P8280103.jpg

目標とする山も見えてきた
昨日より高度差はなくなったけど、まだまだ遠いなー、あと4時間くらいかな

P8280113.jpg

1時間ほど歩くと登山道が尾根に乗り、眺望がひらけて南アルプスの山々が

山の写真は晴れないとダメだなー

P8280106.jpg

遠くには中央アルプスの山なみも

3時間ほど歩くと森林限界を越え、ハイマツの背丈も徐々に低くなっていく

P8280125_8 .jpg

山頂は近い
しかも、急に明るくなってきたぞ

P8280133.jpg

見下ろすと遡行した沢筋が!
これをツメて、右側の尾根を歩いてきたのだ

P8280132.jpg

手前の岩峰を乗越すとピークはすぐそこ
まるで歓迎されているかのように、雲の切れ間から青空も見えてきた

P8280143.jpg

ピークに取りついてみると、けっこう急峻だ
こんな剥がれやすそうな岩なのに、鎖なしで登るんですね、はい
北アと違って南はワイルドです

P8280134.jpg

花はあらかた終わっていた
これは岩場に咲くチシマギキョウ

P8280138.jpg

山頂に到達!! 南アは人が少なく、独り占め
奥に見える山が今晩のビバーク予定地、ここから3時間はかかりそうだ

P8280137.jpg

素晴らしい眺望、、、え?
西から雲が沸き立ちこっちへ向かってくるぞ

P8280142.jpg

山頂から少し下って振り向くと、もう雲の中
ガスは不浄なモノを追い払うかのごとく、私に向かってくる、やめてー

P8280144.jpg

ここからは、たおやかで気持ちの良い稜線歩きなのに、、、

P8280145.jpg

おい、、、いきなりこれはないだろ
何度か尾根の広いところで道を外しそうになったが、小さなケルンをたよりにリカバリー
崩れかけていたものには石を積み足しながら、先へ進んだ

やがて、雨が落ちてきた
急いでレインジャケットを着てGPSで現在地の確認、ビバーク地までは400m、15分くらいだろう
今晩の冷え込みを考えたら、少しも体を濡らしたくない、、、
目の前に1張り分くらいのスペースがあったので、ここで幕を張ることにした

今回のテントは1枚壁の吊り下げ、2分で設営して潜り込む
やはり森林限界上では自立式が圧倒的に有利だ

ただし、1枚壁は雨の日の調理がねぇ、、、それと、結露
何度か内側を拭いてしのいだが、服やシュラフに触れないよう気をつかう

2枚壁のインナーメッシュテントは寒いときに冷気を遮断できないし、フライの結露が強風で叩かれて落ちてくるのに、
メッシュが邪魔で拭くこともできないから日本の山岳にはむかないと思う
2枚壁の自立型で耐水圧のある軽量テント、、、で、他人とカブらないモノが欲しいっす

夜はかなり強い雨が降った、、、この旅の締めくくりとして、明日の朝焼けに期待してるのだが、どうだろうか?
コメント(2) 

2014/5/3-5/4 立山 [山旅]

1日目
雷鳥平キャンプ場をベースに奥大日岳を目指すも、ガスってきたので早々に引き返す。
テントに戻って昼寝をしていたら、ひょうやみぞれが降ってきた。
夕方5:30をまわると雲が吹き飛ばされ青空がひろがる、超気持ちイイ!

P5030045_2.jpg

やがて立山三山がほのかに染まり、夜の帳が下りていった。

P5030080_2.jpg

2日目
またしても午後の天気が良くないようなので別山まで。
目の前、ドーン!と剱岳、重量感たっぷりの威容。

P1010129_3.jpg

昼には撤収して雷鳥を観察しながら下山。

P5030015_2.jpg

コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。